Q.4 はじめから現在の場所で活動していたのですか?

 トッカビが、1974年10月に長屋の一角を借りたことは、Q.1でふれました。しかし長屋での活動期間は短く、翌年には、部落解放安中子ども会(以下、安中子ども会)が使用していたプレハブの建物に活動場所を移すことができたのです。その建物は、安中青少年会館が建設されるまで安中子ども会が使用していた仮設物で、1975年春に青少年会館が完成したので不用になったのです。

 トッカビは、ぜひともその場所を使わせてほしいと八尾市にかけあいました。しかし、単なる子ども会に市の建物を貸すことはできない、と拒否されました。そこで、安中地区教育を守る会の中に、民族部会を設置してもらい、民族部会の活動をトッカビが担うことととして位置づけ、そのプレハブ建物が使用できることになったのです。

 そのプレハブは安中解放会館の敷地内に建てられていました。ところが、1980年、安中解放会館の拡張工事にともなって、プレハブの撤去を八尾市から通告されます。それに対し、部落解放同盟安中支部(以下、安中支部)やさまざまな団体などの協力もあり、同年12月20日の八尾市との交渉の席で、「民族教育の行政責任」と「移転後の施設保障」を確認することができました。

 その結果、翌'81年には、安中青少年会館横に、施設面においては不十分ながらも100平米ほど広くなった現在のプレハブが建てられ、夏から活動をスタートすることになったのです。そのプレハブで、22年間活動しました。