Q.5 トッカビの活動は何で支えられているのですか?

 発足当初は、指導員が昼間に建設作業のアルバイトをしたり、B級品の靴下を仕入れて販売したりしました。また、保護者が手作りのキムチを作って売ってくれたりして活動資金に充てていました。その後、安中地区教育を守る会民族部会に位置付いたことで、八尾市からわずかながらの講師謝礼と、加えて安中青少年会館の予算の一部から、消耗品、備品が支給されるといった状況でした。このような不安定な状況に対しては、安中支部の教育交渉などを通じて、トッカビ子ども会に対する独自予算化、および正職員化を求めてきました。

 その一方で、1979年8月には、トッカビの活動を財政的に支援することを目的として、トッカビ後援会が発足しました。また、安中同胞親睦会からもカンパをいれてもらうといったことを通じて、活動が維持されてきました。

 その後、1981年、安中青少年会館横の施設への移転を契機に、同年4月より行政的には安中青少年会館分室として位置付くことになりました。これは充分な措置ではありませんが、在日コリアンの教育活動のために、行政が施設を建設したことは、大変意義深いものでした。また、予算枠も徐々に拡大し、1982年には、指導員が八尾市アルバイト職員として3名位置付くことにもなりました。